. 進路支援 - 横須賀明光高校
神奈川県立横須賀明光高等学校と校章

進路支援

このページでは、年次別進路ガイダンスなどの進路支援に関する取組の様子を写真付きで紹介していきます。


<1年次生が「マイナビ進学フェスタ」に参加しました>

写真 写真
写真 写真
7月10日(月)に、1年次生全員がパシフィコ横浜で開催された「マイナビ進学フェスタ」に参加してきました。この企画は毎年、マイナビが主催し、全国20地域の主要都市で開催される大規模なもので、社会人や企業の方たちから話を聞いたり、4年制大学・短大・専門学校から直接各校のPRを聞いたりできる企画です。
今後の進路決定に向け、1年次の早い段階から実際の各分野で活躍する社会人からの話を聞くことで職業に対する理解を深め、また、4年制大学や専門学校の上級学校から直接そこでの学びや入試方法、卒業後の就職先等を知ることで将来の進路意識を向上させ、進路選択の一助としたい思いから、本校では初めてこのフェスタへ参加しました。

次のような団体、企業、専門家、学校などから話を聞くことができました。

○ 参加企業として
毎日新聞社、経済産業省 経済産業政策局 産業人材制作室、駐車場綜合研究所、ソニー生命保険、神奈川県庁、ジェイティービー、防衛省、自衛隊神奈川地方協力本部

○ 社会人アドバイザーとして
ITエンジニア、WEBデザイナー、保育士、弁護士、営業職、医療ソーシャルワー カー、鍼灸師、理学療法士、事務職、開発職、管理栄養士、スポーツトレーナー、 介護福祉士、コピーライター、エステティシャン、歯科衛生士、税理士

○ 首都圏の主要国公私立大学・短期大学約80校、主要専門学校約40校が参加

当日は4校時終了後に、すぐに送迎バスに乗り込み、14時に現地に到着しました。他校の生徒たちもぞくぞくと詰めかけていましたが、会場があまりに広いため、ごった返すという感じではありませんでした。他校の生徒は主に2、3年生の参加が多いとのことでした。
1年次生が本校に入学してから約3ヶ月が立ち、その間、模擬テスト、進路ガイダンス、科目選択説明会等、将来の進路を考えるための活動を実施してきました。
一般的にはやや早いと思われる1年次の夏休み前に年次全体でこのようなフェスタに参加することによって、生徒たちの職業や上級学校に対する知識の充実を図ることを目指した取り組みです。
フェスタへの参加を通して生徒たちは、自分の意識を向上させることができたでしょうか。1年次の今、はっきりと自分の将来像を持っている人は素晴らしいですが、実際は未定の人が多くを占めるのではないかと思います。是非、まずご家庭で将来のことについて話す機会をもち、積極的に友人、先輩、他校の人、親戚、先生などいろいろな人と話をする機会をつくって欲しいと思います。またそれ以上に自分自身でインターネット上にあふれる情報等も活用し、有効な知識を仕入れ実践してほしいと願っています。
今後も、生徒の希望進路を実現するため、1年次一同全力で生徒の支援をしていきたいと思いますので、引き続きご家庭でもご理解とご協力をお願いいたします。(1年次代表より)


<各年次で保護者向け進路説明会を実施しました>

次年度の科目選択や進路選択などについての保護者向け進路説明会を各年次ごとに実施しました。
3年次は5月20日(土)に実施しました。
2年次は5月27日(土)に実施しました。
1年次は6月10日(土)に実施しました。
ここでは2年次の説明会の様子をご紹介します。

2年次の保護者対象進路説明会は、5月27日(土)の10時から、本校マルチホールで行いました。
説明会では進路情報会社の講師による講演のほか、本校職員から進路、科目選択、研修旅行、学校生活の様子などについてお伝えしました。
講演では、大学等へ進学する際に必要な費用について詳しくお話しいただきました。資料を用いた分かりやすい解説により、大学等を受験する時点で一定の費用を準備しておくことの必要性、奨学金などの活用と留意点など、高校2年次の時期から知っておくべき内容ばかりが盛り込まれた講演でした。
その後、本校職員から、本校の進路実績の概要や大学等の入試方法の説明のほか、進路実現をめざし、科目選択や進学先の決定に向けて親子でじっくり話したり準備をしたりしていくことの大切さなどについてお伝えしました。子育て経験のある教員からは、「親子でオープンキャンパスに行くことの勧め」や「奨学金を借りる際は、返済する際の計画も意識しておくことの大切さ」など、経験を踏まえた生の声をお伝えした一幕もありました。
当日は40名を超える保護者の方の参加があり、熱心に講演や話に耳を傾けていらっしゃいました。質疑応答では、保護者の方から大学や学部の選び方などについて有意義な質問もいただきました。この説明会が残り半分程となった高校生活を親子でよりよく過ごしていくための一助としていただければ幸いです。