. 進路支援 - 横須賀明光高校
神奈川県立横須賀明光高等学校と校章

進路支援

このページでは、年次別進路ガイダンスなどの進路支援に関する取組の様子を写真付きで紹介していきます。


<1年次進路ガイダンスを実施しました>

写真 写真 写真 写真
12月15日(木)の6時間目に、1年次進路ガイダンスを実施しました。今回は進路情報会社の企画の下、各専門学校・大学等から講師をお招きして、分野別に講座を受講しました。
職業分野ごとに18の教室に分かれて、各自が興味・関心のある講座を二つずつ選択して受講しました。たとえば、幼児教育の講座では、幼稚園教諭と保育士の視覚と仕事の違いや、仕事のやりがいや大変さについて分かりやすく詳細な説明がありました。
どの講座においても、生徒たちは熱心に話に耳を傾け、ワークシートにメモを取っていました。このガイダンスを進路選択や自己の適性の理解に生かしていってほしいと願っています。

<2年次生保護者対象の進路説明会を実施しました>

写真 5月21日(土)マルチホールで2年次生保護者を対象とした進路説明会が行われました。
はじめに、進路情報提供会社の講師による講演があり、進路決定にあたっての留意点などをわかりやすく解説していただきました。
その後、本校の進路支援および学事グループの担当者より、今後の進路指導計画、および3年次の選択科目についての説明を行いました。また、8期生の進路状況についての説明も行いました。
説明会終了後、各ホームルーム教室でクラス懇談会を行い、学校や家庭での様子などについて情報交換を行いました。
次年度の選択科目など、進路に関わる意思決定の時期を間近に控えており、約50名の参加者が熱心に聞き入っていました。

<1年次生が進路ガイダンスを受講しました>

写真 写真 5月19日(木)のLHRの時間に、進路情報会社から講師をお招きして1年次生が進路ガイダンスを受講しました。
高校に入学してまだ1ヶ月とはいえ、自分の進路について意識を深めるきっかけとすることを目的としてガイダンスを実施しました。今回は「マナーを知らないと損をする」をテーマに、演劇型のイベントを通してマナーや進路について考えを深めました。
日ごろの授業や講演とは一味違った笑いありの劇を鑑賞して、挨拶が人と人をつなぐ大切なツールであることを体感しました。
後半は、挨拶やマナー、コミュニケーションの大切さを講義を通して学びました。会社や学校などの社会で互いが気持ちよく過ごすには、相手の話を聞く態度を持ち、決まりを守って行動することが求められることを誰もが実感できた講義となりました。
このガイダンスを踏まえて、一人ひとりが意識的に毎日の生活を送り、進路や社会人としての意識を高めていってほしいと願っています。

<3年次保護者進路説明会を実施しました>

4月9日(土)、マルチホールにて3年次生保護者を対象とした進路説明会を実施しました。
はじめに、進路情報を提供する(株)ライセンスアカデミーの講師による講演があり、学費や入学金、進路決定にあたっての留意点などについてわかりやすく解説していただきました。
その後、本校の進路支援グループ担当より、8期生の進路状況と進路指導計画、および入試制度の状況の説明がありました。
進路決定を間近に控えた時期ということもあり、約50名の参加者がありました。皆さんが熱心に話に耳を傾けていただいた説明会となりました。